神奈川、東京を中心に大規模改修工事、大規模修繕工事、
リフォーム工事、その他付帯工事をお受けしております。

  1. トップページ
  2. 業務案内
  3. 大規模修繕

東京本社

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-14-4

TEL:03-6416-3553

横須賀営業所

〒239-0835
神奈川県横須賀市佐原3-7-8

TEL:046-827-7771

大規模修繕を
お考えのお客様へ

管理組合・オーナー様

詳しくはこちら

リフォームや改築を
お考えのお客様へ

個人のお客様

詳しくはこちら

各種施工協力業者を
募集しています。

施工協力業者募集

足場・塗装・防水・シーリング・設備・大工・他

詳しくはこちら

さらなる成長に向けて、
新たな仲間を募集します。

新規スタッフ募集

詳しくはこちら

防水工事

防水工事は、建物の中に雨水などの侵入を防ぐための工事です。防水機能が低下すると、建物のコンクリート躯体腐食や屋内への浸水など様々なトラブルを起こす原因となります。それを防ぐ為には、日々の点検や定期的なメンテナンスを行う事が必要です。
防水工事には様々な種類があり、場所や状況によって工法を変える必要があります。

ウレタン防水

液状のウレタン樹脂を塗布し、防水層を作ります。
複雑な形状でも、下地になじみやすく水密性の高い被膜ができるため、屋上などの防水に適しています。
修繕・改修工事用として需要が多い防水工法です。

シート防水施工前
施工前

シート防水施工後
施工後

シート防水

ゴムシートや塩ビシートを使用する防水で、仕上がりは美しく、衝撃や磨耗に強く耐久性も優れています。
工期が短いなどのメリットはありますが、防水材がシート形状のため、どうしても結合部が生じてしまいます。
接合部分の接着剤の耐用年数を考慮する必要があります。

FRP防水施工前
施工前

FRP防水施工後
施工後

FRP防水

FRP(繊維強化プラスチック)を使った防水工法です。しなやかで耐久性・防水性に優れています。
他の防水材に比べ、防水層が軽く、表面が硬くキズがつきにくいなどの特徴もあります。

アスファルト防水

一番古典的な防水材ですが、いまだに一番信頼性の高い防水材とされています。
ビルの屋上などの水平な屋根に施されるもので、アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを重ねて防水層を形成し、その上に防水層を守るために薄いコンクリートで押えるのが一般的です。
施工の際に臭いや煙が発生するので、住宅地での施工はあまり行われていません。
最近では、煙や臭いを極力抑えたトーチ工法によるアスファルト防水が主流になっています。